酵素と酵母の違いについて

 

フルーツ

 

最近酵素という言葉をよく耳にするようになりました。酵素は私たちの体の中で起こっているさまざまな化学反応を促進、触媒するタンパク質です。食べたものを消化吸収したり、代謝や排せつしたり、あらゆる生命活動に必要不可欠な物質です。食物を消化して栄養素に分解する、内臓や骨の細胞を修復する、こういった内臓の働きの多くを担っています。

 

もともと体の中に存在する物質ですが、いろんな要因でどんどん減ってしまうので、常に補う必要があります。酵素は新鮮な肉や野菜にたくさん含まれています。しかし、加熱すると簡単に壊れてしまい、しかも時間とともに減少していくので野菜や果物は生のまま、しかもできるだけフレッシュなうちに食べる必要があります。

 
一方、よく似たものに酵母がありますが、違いは何かというと簡単にいえば目には見えない小さな生き物です。具体的には単細胞の微生物で、土壌、水中、植物の表面や鳥類、哺乳類などの体内にもすんでいます。種類によっては糖分を利用して発酵させ、酒、味噌、醤油などの調味料や納豆、パンなどの食品を作るのにも利用されてきました。

 
酵母は細胞壁をもっているので、酵素と一緒に摂取することで熱や酸から守り、効率よく体内に届けてくれるのです。ですから納豆やキムチ、ヨーグルトなどの発酵食品は積極的に摂ることをおすすめします。